Linuxの種類について


本日で4回目の更新ですm(_ _)m


前回は、Linux(リナックス)がどういったものかを書きました。


今回は、種類についてです。


Linuxとは、OSのカーネル部分のみの事である。


シェルやファイルシステムなどを組み合わせて初めてOSとなる。


※用語(カーネル) : カーネルとは、オペレーティングシステム(OS)の

 中核となる部分のことである。

 システムのリソースを管理し、ハードウェアとソフトウェアコンポーネントの

 やり取りができるようにする。


※用語(シェル) : シェルとは、オペレーティングシステム(OS)の機能の

 一部で有り、ユーザからの指示を受けて解釈し、プログラムの起動や

 制御などを行うプログラムです。


早速、Linuxの種類ですが、たくさんあります・・・

でも・・・更新が遅くなったので、少しだけ書いて明日にまわしたいと思いますm(_ _)m


・Ubuntu(ウブンツ)

 Ubuntuの開発目標は、平均的な利用者にも使いやすい最新かつ

 安定したオペレーティングシステムを提供することであり、

 DELLが自社製品に採用するなどの実績があります。


・Edubuntu(エデュブンツ)
Edubuntuの開発目標は、技術知識やスキルが乏しい教育者が

コンピュータルームやオンラインの学習環境を一時間以下で構築し、

その環境をうまく管理できるようにすることです。


・Kubuntu(クブンツ)
デスクトップ環境をKDEに置き換えたUbuntuファミリーの一員。

日本語を含む多言語に対応しています。


・・・つづきはまた明日・・・m(_ _)m