パソコンのCPU(Central Processing Unit)種類 その1


今回はCPUについて、紹介して行きましょう。
パソコンには、CPUと言った名前の頭脳があります。
パソコンのCPU(頭脳)が良いものほど、処理が速く性能が良いパソコンになります。
しかしCPUには、たくさんの種類があります。
その違いを見て行きましょう。


最近のパソコンには、一つのCPUの中に複数のCPUが入っています。
CPUの個数(コア数)によって、性能、呼び方が違います。
(コア数) シングルコア(1個)、デュアルコア(2個)、クアッドコア(4個)、ヘキサコア(6個)
性能小ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー性能大

コア数が多いほど、複数の処理をそれぞれのCPUで同時に行うことが
可能です。
インターネットを見たり文章作成など普通の用途に使用するだけならば、
デュアルコアで必要十分なのです。


CPUには、クロック数というものがあり、こちらの方が重要です。

CPU の名前の表記の後ろに「1.8GHz」とか「2.1GHz」とか書いてある数字の事です。
パソコンを購入するときは、CPUの表示にも注意してみましょう。